士剣流とは? About

士剣流(しけんりゅう)とは

士剣流は「剣術を基本とした殺陣」を広めていく事を目的に開講しました。
日本人なら誰もが一度は「刀を振ってみたい」「斬ってみたい」と思ったことがあるのでは?

士剣流では殺陣の基礎をゆっくりと学びながら、誰にでも気軽にチャンバラの楽しさや醍醐味を味わってもらいたいと思っています。


殺陣(たて)とは?

芝居や映画の中で行なわれる、刀を扱うアクション(立ち回り)の事です。
殺陣は一般的な武術とは違い、直接相手を打ちのめすコトはありません。
そのため自分に合ったペースで修練でき、腕力に頼らないので年齢や性別を問わずどなたでも楽しめます。
「興味はあるけど、どんなことをやっているの?」 「武道やスポーツの経験がないんだけど、大丈夫?」 「日本刀に触ってみたい」・・・など、少しでも興味をもたれた方は、ぜひ見学にいらしてください。
俳優を志す方のステップアップとしてはもちろん、自己鍛錬をしたい、刀に興味があるという方も歓迎いたします!


士剣流の「稽古理念」

士剣流の稽古は、基本の反復練習と技の練磨が中心です。
日々基本動作を繰り返し練習することで、殺陣に必要な体を作っていきます。


士剣流における『心・技・体』とは?

■心 ・・・・・礼節を重んじ冷静さを忘れない精神力・相手の立場を思いやる想像力・演技者としての探究心
■技 ・・・・・熟練度・理合い・見る者を魅了する技・血が通った技・相手に怪我をさせない技
■体 ・・・・・体力・持久力・直感的な動きを可能にする体
     

『心・技・体』は士剣流殺陣道を追求するにあたって、必要不可欠なものです。
『心・技・体』を正しく学ぶということは、そのまま人生修行につながり、己の個性を追求し伸ばすことでもあります。
士剣流では、『心・技・体』をバランスよく鍛えるべく指導していきます。

周囲に気を配り、心に余裕を持って稽古に臨みましょう。


稽古の際の心得

◆ 故意に人を怪我させるような行動をとらないこと。
◆ 一緒に稽古する仲間と、お互いに尊重しあうこと。
◆ 能動的に稽古に励むこと。
◆ 道場の道具は大事に扱うこと。
     

心得を守れない方は、やむなく退会の対象となる場合がございます。
以上の事に注意して、楽しく稽古を行いましょう。